テーマ:多肉植物

蕎麦猪口に多肉

百円ショップで見つけた蕎麦猪口に入れた 3種類の小さな多肉たち。 これがどんなふうに伸びていくのか 冬を越して変化するのが楽しみです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルビーネックレス

寒さがうんと増した今週でしたね。 今朝のルビーネックレスはこんな色です。 ルビーと言うより紫。 紫月という日本名が良く合います。 一方、地面に直接植えたのもあって こちらは、まだ緑色です。 試しに地植えにしたら越冬しました。 霜に当たっても、雪に埋もれても大丈夫だったんです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉が始まった多肉

エアコンの室外機の上に置いた多肉は この冬一番の寒さで色付てきました。 日暮れの多肉はぐっと大人色です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉植物 紅化粧

レッスンで寄せ植えにした多肉植物たちも 伸びて株を増やしてきましたね。 こちらは紅化粧。 小さいカップに移しました。 多肉植物が紅葉するには3つの条件があるそうです。 1、肥料をやらない。 2、水を控える。 3、寒さに当てる。 園芸の担当者さんに教えてもらいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテンとの寄せ植え

こちらは本物のサボテン エアコンの室外機に載せています。 訪れた方達からは 予想以上に大きいと言われています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バードケージにフェイクの多肉

夏のアーティフィシャルアレンジメント バードケージに大小の多肉をアレンジします。 アーティフィシャルは扱いがとても楽。 クラフトの楽しさを味わうシーズンです。 同じ材料を陶器のベースにアレンジした方も。 趣の違うスタイルになりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッズのサボテン

キッズレッスンでもサボテンをアレンジしてみました。 プランターは以前ベースアレンジメントに使った 水が漏れやすいブリキのベースです。 底に錐で穴を開けてからスタートです。 サボテンと一緒に多肉も挿し穂して観察します。 なぜか二人ともシマウマの前足をバケツの淵にかけて これから飛び出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉で作るウエルカム寄せ植え

;多肉植物を寄せ植えにして楽しみました。 木製プランターをダメージ処理して3種類作りました。 大きさも色も皆さん若干異なります。 株の大きなサボテンは大小連なる山のようです。 このサボテンの位置や株分けで雰囲気が変わりますね。 敢えて真正面を避…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫月

冬には赤紫色になるのが楽しみなルビーネックレス。 キク科なのでとても丈夫です。 地植えにしても元気に冬を越しました。 少しずつ増やしてみます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い季節の多肉が今は‥‥

冬に挿し穂した多肉植物のカップ 寒いから当然のようにこの色を選んだのに、今では暑苦しい感じ。 脇に添えたシナモンスティックの香りは心地良いのだけれど‥‥ 季節がまた廻る頃に眺めるのが良さそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉植物をカップに

キッチンの小さな窓辺に緑を。 コーヒーカップに挿したのは、多肉植物の「虹の玉」 今、新しい方法で挿し穂を試しています。 経過を見ておススメできるかどうか観察します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルビーネックレス

今年挿し穂にしたルビーネックレス 夏の間に伸びてきました。 冬になったら紅葉して赤紫色になるのが楽しみです。 小さな自転車型の鉢受けは10数年前の思い出のもの 姉に連れて行ってもらった神戸の花屋さんの店先にありました。 時折その小さな旅を思い出しては元気を貰っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートカズラ

台風の接近に備えて外の鉢を移動中。 ハートカズラの細長いベースは、数日室内で過ごします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッグ型に

小型で贈り物にも良いベースを探していたら‥‥ 見つかりました。 小さい多肉植物をぎゅっとまとめて ヘリクリサムとアジュガの間に置いたら テーブルに置くよりも、しっくり馴染みませんか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の多肉たち

昨年寄せ植えにした多肉たち。 伸びたものも、段々ほっそりしてきたものもありますが 最近、葉の間から横にのびた脇目らしきものが‥‥ その先には花の蕾みのようなものをつけています。 ここから切って挿し穂にしたらまた増えていくのかしら? バラの花のようなセンペルビウム・スイートハニーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉プラス

多肉の間に小さなウサギを覗かせました。 ミニバケツとシャベルも置いて 長さ35cmのベースです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉寄せ植え

3人の方の多肉植物アレンジに小さなバケツとスコップが隠れています。 例えばこんなふうに、 メタセコイアの実に掛けたり ベースの端にワイヤーで留めたり ミニバケツに乙女心を入れたりと 気楽に長く楽しめる多肉植物は 冬の紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月のワンディレッスン

10月の単発レッスンは、多肉植物のアレンジメントを予定しています。 秋が深まると紅葉する多肉植物は趣きがありプレゼントにも人気があります。 秋の多肉植物アレンジメント 費用:5,400円(レッスン、資材、ティータイム込み) グループでも個人でもお好きな日にちを複数ご指定いただけます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスクの上に

多肉植物を小さめのベースにアレンジすると 机の上に置きたくなります。 デスク周りの緊張した雰囲気が少しだけまあるくなりませんか? この時期、寒さで紅葉した多肉の表情も愛らしいですね。 バレンタインのプレゼントを作りたい方 春を待つお部屋の窓辺に置きたい方 温かい想いをアレンジしてみませんか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉植物・月兎耳

ツキトジという和名を持つこの多肉植物 灰色の葉の先に茶色の斑点が並んでいます。 冬の間は庇の下で過ごしましたが お彼岸が過ぎたら、そろそろ葉挿しでも増やせる時期がやってきます。 ベランダの小さい幸せがここそこに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベランダの楽しみ

モコモコと沸くように育った多肉植物 灰色がかった葉の先は少しエンジを帯びて個性的です 和名は福娘かと思いますがあまりにも多い種類に自信がありません この夏も、多肉植物は元気でした。 これから紅葉する様が楽しみな季節がやって来ます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉植物

強い日差しの下でも生命力のある多肉植物。 アロエ、サボテン、リュウゼツランなどなじみのあるものだけれど 人にもこんな多量の水分を蓄える機能があれば熱中症にならないかしら? と考えたりする暑さに弱い私。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉植物アレンジメント

多肉植物をアレンジすると2回楽しめます。 まずは、フォームを使用してベースでアレンジする楽しみ その後、根が出てきたら鉢に植えて増やす楽しみ 額縁にアートする感覚で簡単に作れることが人気ですが 冬には紅葉して赤みがかかる美しさと丈夫さを兼ね揃えています。 おたずねを多くいただく多肉植物アレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンフィンガー

植物を上手に育て増やすことのできる人を グリーンフィンガーと呼ぶのだそうな。 私は全然違うけれど、生徒さんの何人かは 確かにグリーンフィンガーでいらっしゃる。 レッスンで使ったグリーンを室内のプランターに大きく育てたり これまたレッスンで使用したバラを挿し木して庭に幾種類も増やしたり。 見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉植物ミニポット

砂漠や山岳地帯で生き残るために変化に富んだ色や姿の多肉植物。 葉や茎の貯水組織が発達しているから水やりも1週間から10日にいちどで良いのも魅力です。 左から ゴルビュー、高砂の翁、ハムシー。 日本名のものはなかなか趣のある名が多く、肯いたり、はっとしたりと見るだけで楽しめます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多肉植物

多肉植物のアレンジを作るのは楽しい作業。 冬は紅葉して燃えるような赤にかわった姿を見るとハッとします。 使ったのはケーキ屋さんのムース容器。 小さなアレンジメントですが邪魔にならないのでプレゼントに喜ばれます。 彼のデスクに置いてもらえるバレンタインプレゼントに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more